中高年は転職をするのに不利?

一般的に転職をするうえでは年齢が上にいってしまうほど、難しいと言われています。

これはやはり若い人材の方が将来性もあり、これから伸ばしていける幅も大きいことから、企業としても採用したい気持ちが大きいのです。

 

逆に中高年の人たちは、自分の部下になった場合に年齢が自分よりも上である人に対して命令などをしづらかったりする部分があります。

どうしても年齢を意識してしまって、遠慮がちになってしまうのです。

そうなると、会社全体が円滑に機能しなくなるといったことも出てきてしまって、組織としては機能不全に陥ってしまうこともあります。

ですから、会社としてはどうしても年齢が高い人ほど採用を躊躇してしまう傾向にあるのです。

 

したがって、一般的にいえば中高年の人は転職には不利とされています。

ただ、これは一般的な話であり、中にはそんなこともない転職サイトというのも存在します。

それは「パソナキャリア」で、このサイトの利用者のうち、40~44歳の人の転職成功率はなんと50%を誇っているのです。これは非常に素晴らしい数字といって良いでしょう。

 

ですから、中高年の人で普通に転職活動を行っていてもなかなか成功しないという人は1度パソナキャリアに目を通してみて、少し違った視点から転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

自分の人生を決めるかもしれない転職活動ですから、中高年の方は是非慎重に行ってみてください。