転職エージェントを利用する意味をもう1度考えてみよう

転職エージェントはすでに述べてきたように非常に使い勝手が良くて、便利なものには違いありません。しかし、転職エージェントに完全に頼りきった転職活動というのは間違いです。転職活動はありとあらゆる方法を使って行うことができますが、その中から転職エージェントを選んでいるに過ぎないのです。

転職エージェントの人間は勿論最善を尽くしてくれているはずです。ただし、それを絶対的な正解だと思わないことです。仕事と同じで何が正解か?不正解か?というのは後で分かることだと思います。しかも、それは自分で決めるものではなく他人が決めるものです。

普段の仕事なら消費者の需要の伸びなどの形で正解が浮き彫りになり、転職活動では人事の人の合否で正解がはっきりとします。つまり、やってみてはじめて分かることなのです。ですから、大切なのは転職エージェントを利用することではなく、転職エージェントから何を得て、それを転職のためにどう生かすか?という意思です。

転職エージェントからの受身だけにとどまっていてはダメだということです。最終的に決めるのは自分なのですから、そこに自分の意思が入っていないといけません。「転職エージェントから言われたことだから」ではなく、「転職エージェントから言われたことに自分も賛同できたから」こそ、それを生かすことに意味が生まれてくるのです。転職を行う際にはここを最後に確認しておきましょう。